インフルエンザワクチンについて


インフルエンザワクチンの効果

接種後1~2週間で抗体価が上がり始め、3~5か月間効果が持続するとされます。流行株と一致すれば65歳未満の成人では70~90%予防可能との報告があります。

接種後の副反応

各種副反応が報告されています。ショック・アナフィラキシーのような即時的副反応の他、急性散在性脳脊髄炎のように2週間たってから症状が発現する遅発性のものがあります。

2015年度製造株

今シーズンから4価ワクチンになりました。

A型株 A/カリフォルニア/7/2009(H1N1)pdm09
A/スイス/9715293/2013(H3N2)
B型株 B/プーケット/3073/2013(山形系統)
B/テキサス/2/2013(ビクトリア系統)

他のワクチンとの接種間隔

他のワクチン接種の後にインフルエンザワクチンを接種する場合

不活化ワクチン(肺炎球菌ワクチン、サーバリックスなど)を接種した場合 7日間
生ワクチン(麻疹ワクチンなど)を接種した場合 28日間

インフルエンザワクチン接種の後に他のワクチンを接種する場合

不活化ワクチン、生ワクチン いずれも 7日間

ただし、医師が認めた場合は複数の不活化ワクチンは同時接種が可能です。


おくすり知識箱

カテゴリー: ワクチン

更新: