GLP-1受容体作動薬 使用開始後の保管方法と使用可能期間


9月17日に新しいGLP-1受容体作動薬「リキスミア」(リキシセナチド)が発売になりました。

ペンタイプのGLP-1受容体作動薬はこれで3種類となりましたが、使用開始後の保管方法がそれぞれ微妙に異なります。

正しく保管しないと、おくすりの効果が落ちてしまったり、副作用が出やすくなってしまう可能性もあります。

下記一覧でご確認ください。

製品名 使用可能期間 保管温度 備考
バイエッタ 30日以内 25℃以下 冷蔵庫に保存する際は凍結しないよう注意
ビクトーザ 30日以内 室温
リキスミア 30日以内 室温 遮光保存