サインバルタカプセルの簡易懸濁・粉砕・脱カプセルについて


デュロキセチン(サインバルタ:塩野義製薬)カプセルの簡易懸濁・粉砕・脱カプセルに関する情報です。

脱カプセル・粉砕

カプセルの中の顆粒が腸溶性顆粒となっています。
腸溶性が崩れますので、粉砕は不可と考えられます。
噛み砕いて飲むことも勧められません。
カプセルを外して顆粒として内服することは可能と思われます。

簡易懸濁

サインバルタを脱カプセルし、内容物である顆粒をチューブから投薬する場合は注意が必要です。この顆粒は水に浮くため、チューブ内で浮いてしまい、閉塞の原因になるようです。
チューブの短い胃瘻などであればトライする価値はありますが、EDチューブのように長い場合は難しいかもしれません。

粉砕・簡易懸濁情報に関する注意

簡易懸濁・粉砕・脱カプセルに関しては、これらの方法で実際に内服できたとしても本来の内服方法と同じ効能効果が認められるかどうかはデータが無いことが多いため注意が必要です。