おくすりを飲むタイミング(服用時間)


食前、食間、食後、食中と、おくすりの服用時間にはいろいろなタイミングがあります。
正しいタイミングで飲まないと、おくすりの効果が弱くなったり、副作用が出やすくなったりしてしてしまいます。

食前

食事のだいたい30分くらい前に飲みます。

ただし、一部のお薬では食直前と指示される場合もあります。
食直前の場合は、文字通り食事を始める直前に服用してください。
おくすりを飲んだらすぐに食事をはじめてください。

食間

もっとも誤解が多い服用タイミングです。
なぜなら、食間を食事中と誤解してしまう方が多いからです。
実際には食事と食事の間、つまり空腹時、になります。
具体的なタイミングは食事を取ってから2時間後が目安になりますが、お薬を飲んでから次の食事までも2時間空けるようにします。

食間と指示されたおくすりを例えば食後に飲んでしまうとどうなるのかですが、おくすりによっても違いますが、大抵はおくすりの効果が弱くなってしまいます。

食後

食事を終えてから30分後を目安に飲みます。

食中(食事中)

まれに、食事の最中におくすりを飲むような指示もあります。
例えば食事からのリンの吸収を抑えるおくすりなどです。
これは胃の中で食事と混ざることで薬効を発揮します。
飲みづらいとは思いますが、食事と一緒に内服するようにしてください。