バスキャスからの注射薬の投与


病院薬剤師の方は、注射薬が投与されるルートについて日々気を配っていることかと思います。

末梢静脈から投与できる注射薬もあれば、中心静脈(CV)から投与しなければいけない注射薬もあります。

例えばガベキサートメシル酸塩(FOY)は、血管障害を避けるため本来2mg/mL以下の濃度で静脈から投与しなければならないわけですが、INを絞らなければならないDIC患者さんの場合、2000mg投与時の輸液1000mLはどうしても邪魔になってきます。

そのため、実臨床では2000mg/50mLといったような超高濃度で調製したガベキサートを血流が多くて血管障害が起こりにくいCVから投与する、といったことが行われています。

そして、標題の「本来CVから投与すべき注射薬をバスキャスから投与して良いか?」という問題になるわけですが、これは概ね「良い」、ということになります。※注意点参照

バスキャスは大量の血液を扱っている

そもそもCVから投与すべき理由とは、「血管障害が起きやすい薬剤のため、血流が多くて速く、壁の厚い血管から投与する」ためです。

バスキャスは、透析で大量の血液を脱血・返血するために用いるものです。

そのため、バスキャスのカテーテル先端は、血流が大量に、速く流れている血管に留置されていますので、CVルートと同様に考えて差支えないと考えられます。

注意点

そもそもガベキサートの製造メーカーは「CVであれば2mg/mL以上の濃度で投与できる」と保証しているわけではありません。臨床で行われているとはえい、あくまで非推奨ということになります。

ガベキサートに限らずですが、そのような薬剤をバスキャスから投与すべきかどうかは、薬剤師、看護師独断ですべきではなく、きちんと医師の指示判断を仰ぐべきでしょう。