ハザード


一定期間におけるイベントの発生率。

臨床試験では、様々なイベントに対してハザードという指標が用いられる。

評価項目が「安全性」であればイベントは「有害事象」であるし、評価項目が「生存率」であれば、イベントは「死亡」となる。