スーテント(スニチニブ)の投与スケジュール(4投2休と2投1休)


スーテント(スニチニブ)は通常4週間内服したあと2週間休薬する、いわゆる4投2休のスケジュールが標準となりますが、このところ代替スケジュール(2投1休)を検討した解析結果が報告されはじめています。

ASCO-GU2013では少なくとも2件の報告がありました。

※上記の報告では実際には4投2休のほか、7日間内服3日間休薬などのスケジュールも含まれています。

4投2休と2投1休、どちらが良いのか

4投2休と比べ、2投1休のスケジュールでは以下のような結果となっています。

  • 治療を長く継続できた
  • OS中央値が優位に延長された
  • 副作用の重さ(グレード)が軽かった

一点問題があるのが、これらの解析がいずれも後ろ向き(レトロスペクティブ)であることです。
今後は前向きの臨床試験での裏付けが望まれます。

また、4投2休以外の投与スケジュールは、2013年11月現在、日本の適応にはありません。
ですが、上記の結果では明らかに患者さんの負担を減らし、治療成績を改善するものですので、実際にこのスケジュールでの処方がされはじめているようです。